安政元年の地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県伊予市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日の地震により、郡中町で怪我人40人、人死20人。(「兵藤家文書」による)/郡中3町(灘町、湊町、三島町)のうち湊町だけで8人が家屋の倒壊の下敷きになるなどして死亡した。(「郡中三町の『独立』と安政大地震の記録」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、70頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 郡中町 死者 兵藤家文書 安政大地震の記録
NO.
愛媛9124

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日7ツ時(午後4時頃)及び7日4ツ時(午前10時頃)に、大地震があった。大地震で倒壊した家の下敷きになるなどして8人が死亡... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、斗賀野の酪農家が搾乳出荷の帰りに飛んできた家屋の下敷きになって死亡した。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震により、吉田陣屋町で家屋の倒壊80数戸を記録した。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震により、震動数日に及び、人々は竹やぶ内に仮小屋を設けるなどして難に備えた 続きを読む