平成26年の台風11号

災害年月日
2014年00月00日
市町村
徳島県阿南市、那賀町
災害種類
風水害  
概要
平成26年(2014)台風11号は那賀川に豪雨をもたらし、古庄で観測史上最大流量となる9,500㎥/sを記録した。本研究では分布型流出モデルを用いて各種のシミュレーションを行い、大洪水になった要因を定量的に評価した。その結果、平成26年台風11号が大出水となった要因として、降雨波形が最も大きいと推察された。また、長安口ダム上流域が森林荒廃したと想定した流出シミュレーションを行った結果、最大流量が13%増加することが分かった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
澤田昂大・長谷川諒・田村隆雄・武藤裕則「平成26年台風11号那賀川洪水の流出解析」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集」、2016年)
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 那賀川 シミュレーション 降雨波形
NO.
徳島7427

よく似た災害

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号が鹿児島県に上陸、瀬戸内海、山口県を経て日本海に抜けた。この台風により、高松市では床上・床下浸水合わせて1... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日~31日、台風16号により、肱川流域東大洲地区では浸水被害が発生した。この研究では、台風16号による東大洲地区の浸水被... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)、M8.4の地震により、土佐市宇佐町では400余人の死者を出した。また、宇佐町では安政元年(1854)のM8.4の地震では70余人... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)、M8.4の地震により、土佐市宇佐町では400余人の死者を出した。また、宇佐町では安政元年(1854)のM8.4の地震では70余人... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震が発生した。これまで津波の海域における挙動、特に港湾や沿岸海域における水位変動や流速の詳細については未だ不... 続きを読む