昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県綾川町(綾上町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、大干ばつであった。降雨量が極めて少なく、多度津測候所の1月~8月の降水量は385.1ミリと記録されている。伝聞によると、稲が枯れ始め、やかんで水をやる状態であった。県知事らが滝宮神社・天満宮に降雨を祈願し、市町村に雨乞いを呼びかけたと言われている。古老によると、田植えができなかった水田が多く、大豆や小豆、さつまいもの代作に切り替えた農家が多かったという。
地理院地図
Googleマップ
備考
県知事らが滝宮神社と滝宮天満宮に雨乞い祈願を行った。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾上町教育委員会編「綾上町誌」(綾上町、1995年)、23-24頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ やかん水 滝宮神社 滝宮天満宮 雨乞い
NO.
香川670

よく似た災害

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつで、163日間雨が降らなかった。田植えができず、畑作に転換する者も出た。田植えした稲も立枯になるという状況であったが、その... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月中の降雨量が平年の3分の1で、6月極端に少なく、田植え時期になっても、用水不足のため植え付け不能が続出した。8月20日現在で植... 続きを読む

天和3年の干ばつ

天和3年(1683)4月18日より、大日照りにより、田植えできなかった所が多かった。(「香川県史」、「蓮井氏記録」等による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつ。冬期から降雨が少なく、植付期になっても降雨なく、各水利組合では会合を重ね、昼夜兼行で田植えの完了に努めた。7月20日頃... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公園の泉水を... 続きを読む