平成6年の干ばつ

災害年月日
1994年07月02日
市町村
香川県綾川町(綾南町)
災害種類
渇水  その他(異常高温)  
概要
平成6年(1994)7月2日、雨らしい雨がほとんどなかった梅雨が明けた。1月~8月の降水量は340ミリで、前年の29%に過ぎなかった。また、この年は異常高温で、真夏日も熱帯夜も過去最多であった。渇水と酷暑のため、町民の生活にも深刻な影響が出たため、滝宮天満宮では8月6日夜から藤井賢町長をはじめ町代表者ら20人がおこもりを行い、全員で百巻の祝詞を奏上した。さらに8月7日には、雨乞いのための念仏踊りを奉納して、雨の到来を祈念した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾南町誌編纂委員会編「綾南町誌」(綾南町、1998年)、43-46頁及び1112-1115頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 異常高温 滝宮天満宮 雨乞い
NO.
香川716

よく似た災害

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)梅雨の時期から夏にかけて極端に降水量が少なかったため、ダムの水はもちろん、地下水まで減少し、松山市をはじめ伊予市、松前町などで給水... 続きを読む

安政3年の干ばつ

安政3年(1856)、郡中地方だけが雨に恵まれなかった。村々では7月8日から8月9日にかけて、伊予岡八幡神社や谷上山宝珠寺などに祈祷を依頼したが、効験... 続きを読む

安政3年の干ばつ

安政3年(1856)、郡中地方だけが雨に恵まれなかった。村々では7月8日から8月9日にかけて、伊予岡八幡神社や谷上山宝珠寺などに祈祷を依頼したが、効験... 続きを読む

安政3年の干ばつ

安政3年(1856)、郡中地方だけが雨に恵まれなかった。村々では7月8日から8月9日にかけて、伊予岡八幡神社や谷上山宝珠寺などに祈祷を依頼したが、効験... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)旧5月26日に降雨があってから8月11日まで74日間雨がなかった。麻植郡山分では旱害のため、餓死にせまる惨状で、県は有志の恤救の... 続きを読む