元禄10年の干ばつ

災害年月日
1697年00月00日
市町村
香川県綾川町(綾南町)
災害種類
渇水  
概要
元禄10年(1697)から、綾南町では連続した干害があり、元禄14年(1701)には270人が餓死しそうになったという。この干害は、久保太郎右衛門が萱原用水を引くきっかけとなった。
地理院地図
Googleマップ
備考
萱原には久保太郎右衛門頌徳碑と萱原導水路改修記念碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾南町誌編纂委員会編「綾南町誌」(綾南町、1998年)、291-292頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 久保太郎右衛門 萱原用水
NO.
香川718

よく似た災害

元禄14年の干ばつ

image

元禄14年(1701)7月、大干ばつ。この干ばつも契機となり、久保太郎右衛門は上流の綾川から皿池などを経て大羽茂池に至る掛井手掘削を藩庁に再三請願した... 続きを読む

承応3年の干ばつ

image

承応3年(1654)、大干害。この干害をきっかけとして、藩主松平頼重公の手当を受けて、大谷池が現在の所に改築された。 続きを読む

元禄10年~15年の干ばつ

元禄10年(1697)~元禄15年(1702)、6年間は干ばつの連続であった。特に元禄15年の讃岐は大雨、洪水、大干ばつ、いなごの大発生などで百姓たち... 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)夏、大日照りのため、岩鍋池の貯水が激減した。岩鍋池のある粟井村は、干ばつ時には本谷川の上流にある奥谷池の水を抜くという約束どおりに... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)7月10日から10月25日までの80日間の大干ばつにより、特に高山、宮野浦、田之浜地区の上水道の水源地は枯渇して、50日間に及ぶ... 続きを読む