承応3年の干ばつ

災害年月日
1654年00月00日
市町村
香川県綾川町(綾南町)
災害種類
渇水  
概要
承応3年(1654)、大干害。この干害をきっかけとして、藩主松平頼重公の手当を受けて、大谷池が現在の所に改築された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
綾南町誌編纂委員会編「綾南町誌」(綾南町、1998年)、347頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大谷池
NO.
香川719

よく似た災害

安政元年6月の地震

image

安政元年(1854)6月14日夜9ツ時(12時)、地震により、満濃池の改築樋に水漏れができ、それが原因で7月9日に堤防崩壊した。以来、明治3年に改築さ... 続きを読む

昭和21年の大谷池の決壊

image

昭和21年(1946)5月9日、大雨により大谷池が決壊。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)閏4月7日、大風雨、4月から7月中旬まで雨が降らず、餓死者が続出した。(「弘化録」による)/干ばつの被害を防ぐためには農業用水の確... 続きを読む

大正11年の干ばつ

image

大正11年(1922)、南伊予村は大干ばつで、翌大正12年は大水害と2年連続の災害を被った。南伊予村村長の武智惣五郎は、大正12年に大谷川を堰き止めて... 続きを読む

享保12年の火災

享保12年(1727)10月7日夜、内町、新シ町(現在の中通町)より魚店(現在の幸町付近)まで焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む