昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県丸亀市(飯山町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、田植えの頃から雨が少なく、7月~8月の降雨量は極端に少なく大干ばつとなった。藤岡長敏知事は7月23日に滝宮八幡宮で雨乞い祈願をし、さらに8月1日には菅原道真公の故事にならい城山神社に参拝して降雨を祈った。待望の雨は9月9日に降ったものの、被害は甚大であった。米の減収は49万8,820石で、前5ヶ年平均収穫高の56%に達し、被害金額は1,927万4,541円であった。この干ばつを契機に、県は満濃池の増築、長柄ダム・内場ダムの建設などに取りかかった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
飯山町誌編さん委員会編「飯山町誌」(飯山町、1988年)、43頁及び444-446頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 県知事 雨乞い 滝宮八幡宮 城山神社
NO.
香川741

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月14日~7月13日まで60日間干ばつ。その後48日間干ばつが続いたため、各町村民雨乞いをし、善通寺山砲隊も実弾射撃で気象変化を... 続きを読む

昭和23年の干ばつ

昭和23年(1948)7月~8月、干ばつにより、県下の水稲植付け不能面積は約2,480ha、被害数量約33,660余石であった。水稲の植付不能地には甘... 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)8月、雨量が極めて少なく、東讃地方は干ばつの被害が甚大であった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、冬以来の降水量が少なく、7月に降雨があったが、用水の不足を補うことができず、大干ばつとなった。8月の降水量は、琴平で18.0ミ... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月8日より8月にかけて、夏型の気圧配置となり、降雨が少なく干ばつとなった。南予、東予では水不足のため、農作物、特に甘藷、蔬菜類... 続きを読む