天保8年の長雨

災害年月日
1837年00月00日
市町村
徳島県
災害種類
その他(長雨)  
概要
天保8年(1837)春3ヶ月の雨続きに、天下泰平、五穀成就の御祈祷の下命あり、3月11日より寺で相つとめ。(「元木文書」による)/4月令曰、去年以来米穀騰貴加うるに今年長雨傷稼郡下の困難知るべし、このため深く心労す、藩士務めて冗費をはぶき困窮に至るなかれ。(「蜂須賀家記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 元木文書 蜂須賀家記
NO.
徳島7839

よく似た災害

天保8年の長雨

天保8年(1837)春3ヶ月の雨続きに、天下泰平、五穀成就の御祈祷の下命あり、3月11日より寺で相つとめ。(「元木文書」による)/4月令曰、去年以来米... 続きを読む

天保8年の長雨

天保8年(1837)春3ヶ月の雨続きに、天下泰平、五穀成就の御祈祷の下命あり、3月11日より寺で相つとめ。(「元木文書」による)/4月令曰、去年以来米... 続きを読む

天平宝字7年の干ばつ

天平宝字7年(763)、干ばつ。続日本紀には「八月勅して曰く、去才霖雨、今年亢干五穀登らず、米価踊貴す、是により百姓稍飢饉に苦しみ加うるに疾疫を以て死... 続きを読む

天保8年の長雨

天保8年(1837)3月27日、長雨のため代官所より止雨祭、郡方より1万人詣で、鳥居内百度詣り。(「加茂社記」による) 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)6月から8月にかけて長雨のため大凶作。飢饉により今治藩より下渡米の下付を受けた。 続きを読む