享保15年の降雹・干ばつ・長雨

災害年月日
1730年06月00日
市町村
香川県坂出市
災害種類
渇水  その他(ひょう)  その他(長雨)  
概要
享保15年(1730)5月に降雹があり、5月~6月の田植え時期には一滴の雨も降らず、7月には連日の長雨となった。さらに8月には疫病が大流行し、加えてウンカの大発生で稲作は大きな被害を受けた。享保の飢饉の始まりである。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
綾・松山史編纂委員会編「綾・松山史」(綾・松山史編纂委員会、1986年)、301頁及び319頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 干ばつ 長雨 享保の飢饉
NO.
香川756

よく似た災害

享保17年の長雨

享保17年(1732)夏の初めより長雨が降り続き、加えて6月末からウンカの大発生により、収穫皆無という惨状となった。 続きを読む

永享5年の干ばつ

永享5年(1433)5月より10月にかけて干ばつ、牛馬の疫病が流行した。(神恵院蔵の「弘化録」による) 続きを読む

永享5年の干ばつ

永享5年(1433)5月より10月にかけて干ばつ、牛馬の疫病が流行した。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月から連日の雨や霧により、麦作では穂腐りと赤かび病が大発生し、さらに5月中旬からは豪雨に見舞われた。前年12月から3月にかけて... 続きを読む

享保17年の多雨

享保17年(1732)7月、多雨が降り続き、ウンカ大発生し、稲田収穫皆無。 続きを読む