明治21年8月の台風

災害年月日
1888年08月30日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  高潮  
概要
明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通って日本海を縦断。徳島県の被害は死者51人、全潰2,862戸、半潰989戸。(「日本気象災害年表」による)/橘に高さ8~10尺の高潮、椿泊村役場の書類、漁具の流失多し。(「徳島県史料年表」による)/長江新田潮入。(「大津村史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 日本気象災害年表 高潮 徳島県史料年表
NO.
徳島7890

よく似た災害

明治21年8月の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通って日本海を縦断。徳島県の被害は死者51人、全潰2,862戸、半潰989戸。(「日本気象災害年表」に... 続きを読む

明治21年8月の台風

明治21年(1888)8月30日、台風が徳島県を通って日本海を縦断。徳島県の被害は死者51人、全潰2,862戸、半潰989戸。(「日本気象災害年表」に... 続きを読む

明治19年の暴風

明治19年(1886)9月10日午後3時から11日午前3時までの暴風により、城ノ峰の巨松が多く倒れ、浜益野では倒家が多かった。草葺の家はみな倒れ、瓦葺... 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月7日、暴風雨による吉野川の洪水で、全壊家屋18軒、半壊家屋15軒の他、藍、稲、畑作物に被害が出た。(栄村役場「水害に関する書... 続きを読む

明治14年6月の洪水

明治14年(1881)6月20日、吉野川で洪水が発生。西中富の石巻堤が8間流失した。(栄村役場「水害に関する書類」による) 続きを読む