明治35年の低温・多雨

災害年月日
1902年07月00日
市町村
徳島県
災害種類
その他(低温)  その他(長雨)  
概要
明治35年(1902)7月中旬以後天気が悪く平年より1.5度低く、8月は多雨となって平年より1.8度低かった。2ヶ月低温が続いたので、徳島県の水稲終了はやや低下した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低温 多雨
NO.
徳島7907

よく似た災害

明治35年の低温・多雨

明治35年(1902)7月中旬以後天気が悪く平年より1.5度低く、8月は多雨となって平年より1.8度低かった。2ヶ月低温が続いたので、徳島県の水稲終了... 続きを読む

明治35年の低温・多雨

明治35年(1902)7月中旬以後天気が悪く平年より1.5度低く、8月は多雨となって平年より1.8度低かった。2ヶ月低温が続いたので、徳島県の水稲終了... 続きを読む

明治32年の台風・低温

明治32年(1899)8月低温・暴風雨、9月低温・多雨、10月低温のため、稀有の凶作となった。(「香川県気象災害誌Ⅰ・Ⅱ」、「香川県気象史料」による)... 続きを読む

昭和35年の低温・大雪

昭和35年(1960)12月27日、急速に気温が低下し、31日朝高知では-5.8℃を観測した。また、山間部では大雪となり、梼原では77cmの積雪となっ... 続きを読む

昭和7年の低温

昭和7年(1932)2月から4月にかけて低温が続き、ミカン等に被害が出た。 続きを読む