明治36年7月の大雨

災害年月日
1903年07月08日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
明治36年(1903)6月下旬から連続降雨となり、7月8日に梅雨末期豪雨となった。雨量は南部山地で多く、北部吉野川筋では少なかった。那賀川、その他県南小河川で氾濫被害があったものと思われるが不明。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
徳島7911

よく似た災害

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)6月下旬から連続降雨となり、7月8日に梅雨末期豪雨となった。雨量は南部山地で多く、北部吉野川筋では少なかった。那賀川、その他県南... 続きを読む

明治36年7月の大雨

明治36年(1903)6月下旬から連続降雨となり、7月8日に梅雨末期豪雨となった。雨量は南部山地で多く、北部吉野川筋では少なかった。那賀川、その他県南... 続きを読む

明治36年の豪雨

明治36年(1903)7月、梅雨末期の豪雨により、那賀川その他県南小河川で氾濫被害があったものと思われる。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改... 続きを読む

明治36年の豪雨

明治36年(1903)7月、梅雨末期の豪雨により、那賀川その他県南小河川で氾濫被害があったものと思われる。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改... 続きを読む

明治30年の大雨

明治30年(1897)9月29日、多度津測候所の観測によると、一日雨量が184ミリに達する大雨となったが、雨は沿海地に集中し、南方山岳部は少なく、前年... 続きを読む