昭和4年8月の台風

災害年月日
1929年08月15日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和4年(1929)8月15日、台風が四国南方から北上し、東岸添いに神戸付近に抜けた。県内の雨量は100~250ミリ程度で、多少の被害を出した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、70頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島7940

よく似た災害

昭和4年8月の台風

昭和4年(1929)8月15日、台風が四国南方から北上し、東岸添いに神戸付近に抜けた。県内の雨量は100~250ミリ程度で、多少の被害を出した。 続きを読む

昭和4年8月の台風

昭和4年(1929)8月15日、台風が四国南方から北上し、東岸添いに神戸付近に抜けた。県内の雨量は100~250ミリ程度で、多少の被害を出した。 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、東シナ海を北上した台風は宮崎を北上して米子地方に抜けた。雨量は窪川で237ミリ、中村で267ミリ、越知では313ミリ... 続きを読む

大正9年7月の台風

大正9年(1920)7月24日17時、台風が須崎付近に上陸し、松江方面に抜けた。県内の雨は24日午後から翌早朝に強く、東部は非常な豪雨で山崩れとなった... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎から米子方面に抜けた。県内の雨は16日昼頃から降り始め、しだいに風雨ともに強まった。四万十川流域では6... 続きを読む