昭和7年7月の大雨

災害年月日
1932年07月02日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)7月2日未明、徳島付近を通った低気圧のため、県内各地は大雨となり、殊に県南部で多かった。日和佐では1日に300ミリ、徳島では2日に176ミリを記録した。被害は県南部では浸水、橋の流失、堤防・道路の決壊があり、吉野川の橋も流され、徳島市内では浸水180戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、74-75頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 堤防決壊
NO.
徳島7949

よく似た災害

昭和7年7月の大雨

昭和7年(1932)7月2日未明、徳島付近を通った低気圧のため、県内各地は大雨となり、殊に県南部で多かった。日和佐では1日に300ミリ、徳島では2日に... 続きを読む

昭和7年7月の大雨

昭和7年(1932)7月2日未明、徳島付近を通った低気圧のため、県内各地は大雨となり、殊に県南部で多かった。日和佐では1日に300ミリ、徳島では2日に... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)7月2日未明、徳島市付近を低気圧が通ったため、県南各地では日和佐で400ミリを記録するなど大雨となった。浸水、橋の流失、道路の決壊... 続きを読む

昭和30年6月の大雨

昭和30年(1955)6月17日~18日、梅雨前線により、徳島県南部では100~150ミリ、北部では17日~19日に100~150ミリ降った。被害は田... 続きを読む

昭和30年6月の大雨

昭和30年(1955)6月17日~18日、梅雨前線により、徳島県南部では100~150ミリ、北部では17日~19日に100~150ミリ降った。被害は田... 続きを読む