昭和8年の干ばつ

災害年月日
1933年08月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
昭和8年(1933)8月。干ばつにより、西村の水稲に大被害、収穫絶望となる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鎌田毅編「西村のあゆみ」(西村公民館、1986)、293頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 西村
NO.
香川787

よく似た災害

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、一宮村、三名村、鹿角村の三か村のほとんどの水田が収穫皆無となった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む

安政元年の干ばつ

安政元年(1854)、大干ばつにより、西讃では池は無水となる。新田村と栗井村の安政の水論。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「全讃史」による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつにより、樋口では40町歩、志津川では80町歩、西岡では50町歩が収穫皆無の大被害を受けた。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつにより、樋口では40町歩、志津川では80町歩、西岡では50町歩が収穫皆無の大被害を受けた。 続きを読む