昭和46年6月の長雨

災害年月日
1971年06月03日
市町村
徳島県
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和46年(1971)6月3日~7月1日、梅雨前線が本州南岸沿いに停滞し、この前線上を低気圧が次々に発生、通過したため天気はぐずついた。この期間の雨量は、徳島市内では188ミリで平年より少なめであったが、梅雨入りが早く、牟岐の刈り取り期に当たった阿波、麻植、名西郡などでは穂発芽や穀粒の変色・腐敗等で品質が低下し焼却処分をしたところもあった。県下の小麦・ビール麦・裸麦の被害面積は7,170ha、被害金額は2億9,686万円余に及んだ。(徳島統計調査事務所調べ)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 梅雨前線
NO.
徳島8057

よく似た災害

昭和46年6月の長雨

昭和46年(1971)6月3日~7月1日、梅雨前線が本州南岸沿いに停滞し、この前線上を低気圧が次々に発生、通過したため天気はぐずついた。この期間の雨量... 続きを読む

昭和46年6月の長雨

昭和46年(1971)6月3日~7月1日、梅雨前線が本州南岸沿いに停滞し、この前線上を低気圧が次々に発生、通過したため天気はぐずついた。この期間の雨量... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月21日から9月27日に台風10号による30ミリの降雨を見るまで、およそ2か月間干天が続き、あらゆる農作物の生育が遅れ、品質が... 続きを読む

昭和37年の長雨・大雨

昭和37年(1962)6月3日~7月16日、梅雨前線による長雨、大雨。(「多度津の気象百年」による) 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)6月14日~26日、陰性の梅雨が連日続き、日照不足のため麦作に大被害があった。 続きを読む