昭和47年12月の大雪

災害年月日
1972年12月01日
市町村
徳島県勝浦郡
災害種類
雪害  
概要
昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被害が出た。積雪は京上5cm、鬼籠野4cm、穴吹2cmであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、192頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島8067

よく似た災害

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む

昭和47年12月の大雪

昭和47年(1972)12月1日、冬型の気圧配置により勝浦郡を中心に大雪となり、福原旭では約40cmの積雪があった。このため蜜柑の枝折れや凍害などの被... 続きを読む

昭和36年の大雪

昭和36年(1961)1月1日、積雪により大雪解けず、2日県道の雪をブルドーザーで除雪し、3日雪解け始めた。4日、積雪のため夏かんの枝折れ被害甚大。(... 続きを読む

昭和44年3月の大雪

昭和44年(1969)3月12日、台湾付近に発生した低気圧が急速に発達しながら午前中に四国沖を通ったため大雪となり、岩倉では41cmの積雪となった。脇... 続きを読む

昭和43年2月の大雪

昭和43年(1968)2月15日、低気圧が発達しながら四国沖を通過し、九州から関東にまたがる各地に記録的な大雪を降らせた。徳島の最深積雪は19cmであ... 続きを読む