慶応3年の干ばつ

災害年月日
1867年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
慶応3年(1867)11月、相次ぐ干ばつのため、福田・吉田及び内海の各村が連名で、「年貢を金銀納にしてほしい」と代官に請願した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、153頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 年貢
NO.
香川825

よく似た災害

慶応3年の干ばつ

慶応3年(1867)11月、草加部村、福田村等は相次ぐ干ばつのため、年貢の米納を止めて、全部銀納とするよう代官に願い出た。 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)4月から8月まで雨天続きで田方は大損耗をした。伊予松山藩の預かり地であった草加部・福田・大部3ヶ村は、12月同藩に対して、年貢全部... 続きを読む

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、大干ばつに際して、三島・中曽根・松柏村の庄屋らが今治藩三島代官所に、銅山川の水を宇摩平野の導水することを請願した。 続きを読む

享保19年の洪水

享保19年(1734)、洪水のため、神田、庄、波田で立岩川の土手が切れた。その後も土手が切れるたびに、付近の住民は普請をしたが、立岩川の治水は年貢負担... 続きを読む

慶応3年の干ばつ

image

慶応3年(1867)7月、郡方、代官所雨乞い。(「加茂社記」による) 続きを読む