昭和59年7月の雷雨

災害年月日
1984年07月20日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  その他(落雷)  
概要
昭和59年(1984)7月20日午後、積乱雲が発達し、県西部と徳島市で局地的に激しい雷雨となり、落雷が相次いだ。鉄道では徳島線で遅れが出た。また、送電線への落雷のため、徳島市や北島町などでは合計13,700戸が停電し、美馬郡と麻植郡では合計13,000戸が停電した。午後8時45分頃には落雷により、徳島市内の倉庫が全焼した。その他、電柱やトランスにも落雷の被害が発生した。また、秋田町1丁目、吉野本町3・4丁目、昭和町1丁目では道路が10~25cm、幸町1丁目の立体交差中央部では約30cm冠水した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
雷雨 落雷 停電
NO.
徳島8137

よく似た災害

昭和59年7月の雷雨

昭和59年(1984)7月20日午後、積乱雲が発達し、県西部と徳島市で局地的に激しい雷雨となり、落雷が相次いだ。鉄道では徳島線で遅れが出た。また、送電... 続きを読む

平成3年6月の落雷

平成3年(1991)6月17日、梅雨前線の南下で大気が不安定となり、雷の発生や落雷があった。15時50分頃、徳島市と石井町で落雷のため合計2,900戸... 続きを読む

平成3年6月の落雷

平成3年(1991)6月17日、梅雨前線の南下で大気が不安定となり、雷の発生や落雷があった。15時50分頃、徳島市と石井町で落雷のため合計2,900戸... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む

昭和58年9月7日の雷雨

昭和58年(1983)9月7日、寒冷前線が四国地方を通過したため、太平洋高気圧からの暖湿気と前線北側の寒気がぶつかって積乱雲が発達し、雷を伴った激しい... 続きを読む