昭和6年の豪雨

災害年月日
1931年09月18日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和6年(1931)9月18日、豪雨のため山津波が生じ、伊豆川、森庄川、丹波川、吉田川などほとんどの河川が全滅した。このため、死者5人、家屋の流失・半壊70棟、耕地の埋没・流失14町歩に及び、その他道路橋梁の損害、浸水の被害が甚大で、福田村創始以来の惨害となった。(福田の山ノ神神社境内の「災害復旧砂防工事碑」の碑文による)
地理院地図
Googleマップ
備考
福田の山ノ神神社境内に、災害復旧砂防工事碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海町教育委員会編「内海町の碑文集」(内海町教育委員会、1987年)、76頁
情報源の種類
その他文献
キーワード
豪雨 山津波 死者 福田 災害復旧砂防工事碑
NO.
香川837

よく似た災害

昭和40年の干ばつ

昭和40年(1965)8月、70年来の記録的な干ばつのため、農作物の被害が甚大であった。 続きを読む

昭和13年7月3日の豪雨

昭和13年(1938)7月3日~5日、豪雨により、死者2人、家屋浸水200戸、道路橋梁、堤防等損壊多数。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月29日~30日、九州東岸を北上した台風のため大雨となり、各地の降水量は長者536ミリ、名野川447ミリ、芳生野439ミリ、長沢... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風のため、松山気象台では創立以来の最強風力となり、県下の被害は甚大であった。 続きを読む