昭和61年9月の土用波

災害年月日
1986年09月26日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和61年(1986)9月26日~27日、日本のはるか南方海上にある台風17号の影響で、沿岸海上では波が高く釣船の転覆事故などが発生した。26日12時30分頃、鳴門市里浦町の沖合約300mの海上で、木造船に乗って一人で釣りをしていたところ、高波を受けて転覆し、行方不明となり、29日遺体で発見された。また、27日17時35分頃には、那賀川町の堤防上で釣りをしていた人が高波にさらわれて死亡した。土用波と呼ばれる高波は、周期の異なる波と波が重なって、1,000波に1回位の割合で発生する。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、263頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
土用波 高波 死者 鳴門市里浦町 那賀川町
NO.
徳島8143

よく似た災害

昭和61年9月の土用波

昭和61年(1986)9月26日~27日、日本のはるか南方海上にある台風17号の影響で、沿岸海上では波が高く釣船の転覆事故などが発生した。26日12時... 続きを読む

明治25年の土用波

明治25年(1892)7月、潮位が自然に高まり、北地方面では堤上数尺の増水となり、低地家屋は軒まで浸水した。上荷の舟は、堤を越えて田んぼに流れた。潮先... 続きを読む

昭和63年7月の高波

昭和63年(1988)7月31日、台風7号の影響で、徳島県の沿岸海域に高いうねりが押し寄せた。31日13時過ぎ、鳴門市里浦町の沖合約500mの撫養港口... 続きを読む

昭和63年7月の高波

昭和63年(1988)7月31日、台風7号の影響で、徳島県の沿岸海域に高いうねりが押し寄せた。31日13時過ぎ、鳴門市里浦町の沖合約500mの撫養港口... 続きを読む

明治25年の土用波

明治25年(1892)7月、潮位が自然に高まり、次第に増水し、八万村内東部一帯に浸水し、2日間増水を続けた。北地方面では堤上数尺の増水となり、低地家屋... 続きを読む