平成6年2月の大雪

災害年月日
1994年02月11日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
平成6年(1994)2月11日~12日、低気圧が発達しながら四国の南岸を通過し、11日夕方から降り始めたみぞれは夜に雪となり、12日昼頃まで降り続いて県下全域で積雪があった。最深積雪は京上で11日9時に15cm、上勝町福原旭で12日9時に17cm、木頭で12日9時に13cmを観測した。この雪のため、航空19便が欠航し、バスは山間部の路線を中心に運休や折り返し運行となった。神山町では積雪が原因の漏電があり、350世帯が断続的に停電した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、321頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 交通混乱 停電
NO.
徳島8171

よく似た災害

平成6年2月の大雪

平成6年(1994)2月11日~12日、低気圧が発達しながら四国の南岸を通過し、11日夕方から降り始めたみぞれは夜に雪となり、12日昼頃まで降り続いて... 続きを読む

昭和31年1月の大雪

昭和31年(1956)1月9日、前日からの雪で、山間部では積雪が40cmとなって、山間部のバスは運休した。(四国新聞による) 続きを読む

平成17年1月の大雪

平成17年(2005)1月31日~2月2日、徳島県では山地を中心に大雪となり、県下全域で厳しい冷え込みとなった。徳島市では1日9時に1cmの積雪を観測... 続きを読む

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む