平成29年の台風18号

災害年月日
2017年09月17日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  
概要
平成29年(2017)9月17日、台風18号に伴う豪雨により肱川流域は大きな出水に見舞われ、大洲第二水位観測所(肱川橋地点)では避難判断水位4.80mを超え、最高水位は5.24mに達した。今回の出水では、鹿野川ダムと野村ダムで通常の操作よりも多くの洪水貯留(特別防災操作)を行い、下流への流量を低減させ、肱川橋地点で約90cmの水位を低下させ氾濫危険水位(5.80m)より低く抑えた。2ダムの効果により、肱川沿川の堤防の低い箇所からの越水を防ぎ、各地区の浸水被害軽減に寄与したと推定される。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所・山鳥坂ダム工事事務所・野村ダム管理所編「平成29年9月台風18号による肱川の出水への対応~ダムの貯留効果により氾濫危険水位を回避~」(国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所・山鳥坂ダム工事事務所・野村ダム管理所、2017年)
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 肱川 鹿野川ダム 野村ダム 特別防災操作
NO.
愛媛9140

よく似た災害

平成29年の台風5号

平成29年(2017)8月の台風5号の豪雨により、中筋川上流域では3日~6日の累計雨量が約436ミリの降雨となった。中筋川ダムでは3日15時から防災操... 続きを読む

平成28年の台風16号

平成28年(2016)9月20日、台風16号により、桑野川流域は豪雨に見舞われ、谷口雨量観測所では累計雨量298ミリを記録した。この豪雨により、桑野川... 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月6日~7日、台風14号が肱川流域の西側をゆっくり通過したため、降雨継続が長く雨量が多かった。平成16年の台風16号と比較して... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月19日、台風19号により、土器川で水害。護岸洗掘、根固流出、高水敷流出、祓川橋地点の流量1,178立米/秒。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が肱川の流域を襲った。21日の水位は肱川橋地点で5.5mに達し、矢落川左岸旧堤防を越え、大洲盆地等に氾濫し... 続きを読む