平成30年7月の豪雨

災害年月日
2018年07月06日
市町村
愛媛県宇和島市、大洲市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成30年(2018)7月、梅雨前線の活発化による豪雨のため、7日早朝には宇和島市の松山自動車道で土砂流入が、宇和島市の国道56号では土砂流入と法面崩壊が起こった。また、大洲市の国道56号が路面冠水し、約4.3kmの区間で通行止めとなった。四国地方整備局管内で通行規制実施区間(延べ延長)の総延長に占める割合は、高速道路で約57%、一般国道(直轄管理区間)では約11%となり、直轄国道の事前通行規制区間は12箇所中9箇所となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局道路部編「平成30年7月豪雨 四国地方の道路災害と対応」(国土交通省四国地方整備局道路部、2019年)
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨 松山自動車道 国道56号 土砂流入 法面崩壊
NO.
愛媛9254

よく似た災害

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線の活発化により、四国西南地域は記録的豪雨に見舞われ、7月6日夜には三好市の国道32号で路面陥没が起こった。四国地方... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線の活発化による豪雨のため、7日未明には大豊町の高知自動車道で大規模な斜面崩壊が発生し、上り線の立川橋が流出した。ま... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月豪雨により、愛媛県では死者31人、負傷者35人、住家の全壊625棟、半壊3,108棟、一部破損207棟、床上浸水187棟、床... 続きを読む

平成30年7月の梅雨前線による大雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線の降雨により、国道56号では斜面崩壊や土砂流出などが発生し、7日より宇和島市高串~西予市宇和町伊賀上間13.5km... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月豪雨により、高松琴平電気鉄道では琴平線の3箇所で法面崩壊及び土砂流入が発生した。 続きを読む