平成30年7月の豪雨

災害年月日
2018年07月00日
市町村
高知県大豊町、本山町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成30年(2018)7月、累積約1,700ミリの豪雨により、吉野川上流域の支川である立川川(大豊町)、行川、栗ノ木川(本山町)の各流域では大規模な崩壊と土石流が発生した。本報告では、豪雨後に3流域を対象に実施した航空レーザ測量の結果から、流域全体の土砂移動実態について報告している。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
奥山悠木・伊藤誠記・田所真路・佐野奈津子・江川真史・島田徹・堀大一郎「平成30年7月豪雨における立川川流域の土砂移動実態」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集」、2018年)
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 土砂災害 立川川 航空レーザ測量 土砂移動実態
NO.
高知5710

よく似た災害

平成23年の台風6号による土砂災害

平成23年(2011)7月19日、台風6号により、奈半利川流域の平鍋観測所では最大24時間雨量798ミリ、連続雨量1,067ミリという未曾有の豪雨を記... 続きを読む

平成30年7月の豪雨

平成30年(2018)7月豪雨により、本山観測所では累計雨量1,694ミリの降雨を記録した。この降雨により吉野川上流域の支川である立川川(大豊町)、行... 続きを読む

平成10年10月の豪雨

平成10年(1998)10月、豪雨により、高松地域では斜面災害が発生した。この論文では、実際に崩壊した斜面のすべり面付近の試料を採取し、一面せん断試験... 続きを読む

平成23年の台風6号による土砂災害

平成23年(2011)7月19日、台風6号に伴う豪雨により、北川村で多数の斜面崩壊が発生した。人的被害はなかったものの、約4km×2kmという狭い範囲... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)と昭和51年(1976)の両年に、吉野川上流域では激甚な山地災害が発生した。この報告では、昭和51年台風17号災害直後に撮影され... 続きを読む