平成30年7月豪雨による斜面崩壊

災害年月日
2018年07月08日
市町村
高知県大月町
災害種類
土砂災害  
概要
平成30年(2018)7月8日夜明け前から、猛烈な雨が降り始め、大月町橘浦では不明瞭な谷地形で土砂流出が生じた。斜面内で初期に形成される1次谷に満たない0次谷での被災で、表層崩壊よりも流動性が高い土砂が平坦地まで流出し、下流の家屋や道路面に到達した。流出した土砂は、一般的な土石流とは異なり、細粒分をほとんど含まない左岸の石礫から構成されていた。大月町弘見観測所では7日4時からの24時間に107ミリの断続的な降水が観測されており、斜面崩壊の発生に影響したと推察される。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
原忠・張浩・坂本淳「高知県西南地域を襲った平成30年7月豪雨を振り返る」(土木学会編「土木学会誌Vol.105No.2」、2020年)
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 斜面崩壊 橘浦
NO.
高知5731

よく似た災害

平成30年7月豪雨による斜面崩壊

平成30年(2018)7月8日夜明け前から、高知県西南地域では猛烈な雨が降り始めた。宿毛市池島では、尾根部の北向き斜面で斜面崩壊が生じ、道路を巻き込ん... 続きを読む

平成17年の台風14号による土砂災害

平成17年(2005)9月7日、台風14号により、物部川上流では山腹崩壊等による土砂生産や、河道への土砂流出があった。また、物部川では、この台風以降濁... 続きを読む

昭和54年7月の斜面崩壊

昭和54年(1979)7月20日9時30分、柳谷村の国道33号で約3,000立米の斜面崩壊があり、路面を約30mにわたって閉塞したため、国道33号は1... 続きを読む

昭和54年8月の斜面崩壊

昭和54年(1979)8月27日12時55分、柳谷村の国道33号で約1,000立米の斜面崩壊があった。崩壊後の現場の写真が掲載されている。 続きを読む

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)10月20日の台風23号により、三木町では累加雨量325ミリの降雨に見舞われた。公園開発工事が中断されていた白山(標高203m)... 続きを読む