明和4年の干ばつ

災害年月日
1767年00月00日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
渇水  
概要
明和4年(1767)、干ばつのため、藩から水主神社に雨乞いの要請があった。6月7日から修行を始めたところ、7日夜に早速大雨が降り、翌日から植え付けができるようになった。水主神社の雨乞いは昭和14年(1939)まで続いた。
地理院地図
Googleマップ
備考
水主神社で雨乞いが行われた。
参考画像
参考文献
誉水村誌編集委員会編「誉水村誌」(誉水村誌編集委員会、1972年)、238-239頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水主神社 雨乞い
NO.
香川1047

よく似た災害

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月頃から干ばつのため、植え付けができない所が多かった。雨乞い祈祷。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、冬から春にかけて雨が少なく、大豆・小豆の成育が不良である。また、池に水がなく、泉の出水もなく、村内の4、5町の田植えができない。... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月初めから照り出し、15日に田の植え付け5分通り終わり、あとは降雨待ちとなる。18日辰の刻から大川神社で郡の雨乞い祈願を行う。天... 続きを読む

享保9年の日照り

image

享保9年(1724)5月、6月は日照りのため、道前五郡のうち200町歩余は植え付けができずに、味酒明神(阿沼美神社)と道後八幡(伊佐爾波神社)に二度の... 続きを読む

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む