昭和22年の干ばつ

災害年月日
1947年07月00日
市町村
香川県さぬき市(大川町)
災害種類
渇水  
概要
昭和22年(1947)7月~8月、干ばつのため、水稲代作面積1,655ha、用水の涸渇面積6,503ha、枯死または枯死に瀕した面積1,647haに及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大川町史編集委員会編「大川町史」(大川町、1978年)、701-702頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1108

よく似た災害

昭和22年の干ばつ

昭和22年(1947)7月~8月、宮崎、香川、奈良、滋賀等8県で干害があった。8月18日現在で、香川県の水稲代作面積1,655ha、用水の涸渇面積6,... 続きを読む

寛永3年の風雨・干ばつ

寛永3年(1626)4月、大風雨となり、その後、7月に至るまで雨がなく干ばつとなった。稲は枯死し、人々は飢餓に瀕した。この後、西嶋八兵衛は藩命を受けて... 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)、干ばつ、飢え死に10分の1に及んだ。(高松藩の災害記録) 続きを読む

享保7年の洪水

image

享保7年(1722)、大洪水のため、大山祇神社境内では土砂が流入して諸木が枯死に瀕したので、水抜き小川や井戸を掘って排水した。一般の川では瀬掘りという... 続きを読む

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む