大正元年の台風

災害年月日
1912年09月22日
市町村
香川県高松市(塩江町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月22日から23日に大型台風が紀伊水道を北上し、塩江町に最大の被害を与えた。雨量は22日午前零時から一昼夜の間に173.6ミリに及んだ。風は22日午後4時から北東に変わり、その後一時弱くなったが、11時頃から東に変わった。県下の死者・行方不明者は179人に達し、流失家屋197戸、崩壊家屋840戸、浸水家屋9,589戸に及んだ。この台風で、安原上西村荒の蛸山が崩れて、5戸が押しつぶされ、26人の死者を出した。
地理院地図
Googleマップ
備考
蛸山大崩壊の慰霊碑が内場ダムの貯水池西側に建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
塩江町史編さん委員会編「新修 塩江町史」(塩江町、1996年)、187-188頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 安原上西村 蛸山崩壊
NO.
香川1130

よく似た災害

大正元年の台風

image

大正元年(1912)9月22日から23日に大型台風が紀伊水道を北上し、塩江町に最大の被害を与えた。雨量は22日午前零時から一昼夜の間に173.6ミリに... 続きを読む

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風による大雨で、大豊村から高知にかけて400ミリ以上の豪雨となった。大滝では観測所が流失し、香美郡の死者は35人に... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃までの豪雨により、雨量は300ミリに及び、県下至る所で出水、河川の増水、堤防決壊、橋や人家... 続きを読む

明治24年の風雨

明治24年(1891)8月16日午後2時頃から東南の風が吹き、雨もひどくなり、4時から6時の間に風向が北寄りに変わると風圧が強まり、戸障子を倒したり、... 続きを読む