大正元年9月21日の台風

災害年月日
1912年09月21日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)9月21日、暴風雨のため、栗林公園も全域水浸しになった。栗林村や室の住民は、紫雲山、室山、観興寺の裏山などに避難して暴風雨が収まるのを待っていた。そのさなかに、観興寺の山が大音響ととともに崩壊し、別堂に避難していた人々はお堂もろとも土砂に押し流され、子供2人が死亡した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
栗林郷土誌編集委員会編「栗林郷土誌」(栗林地区地域おこし事業推進委員会、1996年)、33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 観興寺 山崩れ 死者
NO.
香川1338

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月16日から雨天が続き、22日夕方から暴風雨となり、園瀬川の堤防が決壊して大洪水となった。馬越下の民家では屋根まで水が来て、中に... 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月20日より22日夕方まで大雨のため、吉野川をはじめ諸川で大洪水。山城谷村では数箇所崩壊し、川口では一家5人が土砂に埋もれて死... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日朝8時、21日からのどしゃ降りにより、出水が頂点に達した。町役場の西隣の薬師庵では、石の階段が2つまで浸かった。川島商店... 続きを読む

明治22年の台風

明治22年(1899)8月19日、暴風雨が24時間小止みなし、避病舎が破損し、赤痢患者27人が地福寺の納屋に避難した。40余年来の大水で、山林伐採の結... 続きを読む