昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年06月30日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)は記録的な少雨であった。特に6月30日から9月9日までの72日間の雨量は36.4ミリで、水稲の生育に決定的な被害を与えた。7月末現在で、高松市では稲作作付予定面積115haのうち、植え付けのできない面積は約30haで、8月15日までに降雨がないと、枯死すると予想される面積が25haに達するという報告がある。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
栗林郷土誌編集委員会編「栗林郷土誌」(栗林地区地域おこし事業推進委員会、1996年)、34-35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1341

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)6月30日から9月9日までの72日間の雨量は36.4ミリで、水稲の生育に決定的な障害を与えた。7月末で植え付けのできない面積は高... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。7月15日現在の調査によると、作付予定面積37,776ha、田植未了面積1,387haのうち、植付見込み面積249h... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつのため、讃岐平野は昭和9年の旱害以上の被害を受けた。9月11日の香川県農務課の調査によると、水稲作付予定面積37,84... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、梅雨入りより干天続きで未曾有の大干ばつとなった。多度津測候所の降水量は7月28.4ミリ、8月5.3ミリ、坂出では7月15.7ミ... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、香川県は大干ばつに見舞われ、高松市も農作物に大きな被害が出た。高松市では、水稲作付予定面積125町のうち、3町が植え付け未了と... 続きを読む