昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)は、明治27年以来の大干ばつであった。6月12日に梅雨に入り、6月26日に四ヶ池のゆる抜きで田植えが始まったが、神内池、松尾池、城池、公渕池は減水し、無水状態となった。7月26日には鰹宇神社で雨乞い祈願を行ったが、8月1日には平田池が無水状態になったので、各地で井戸堀などが行われた。なお、小村では大干ばつにもかかわらず、耕作者の理解と計画的な創意工夫、18回にも及ぶ協議により、全体として豊作になった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、296-297頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 鰹宇神社 雨乞い 平田池 豊作
NO.
香川1350

よく似た災害

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干ばつにより相当の被害があった。前年に引き続き、東十川では水をめぐり紛争が生じたため、明治10年に「水利盟約書」を作成して、無水... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

image

昭和48年(1973)、「高松砂漠」と言われるほどの大干ばつがあった。幸いにも綾上町では長柄ダムの水源によって救われた。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、大干ばつで土びん水対策が行われたが、稲の枯死が多かった。 続きを読む

平成8年の干ばつ

平成8年(1996)夏、干ばつにより水不足が生じ、宇和町も一時は高台で断水状態が発生した。宇和町では7月8日に「渇水対策本部」を設置し、渇水状況の調査... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月27日から9月10日までの135日間に、長尾では7月~8月の33ミリの降雨があっただけで、雨らしい雨はなかった。このため、用... 続きを読む