昭和31年の干ばつ

災害年月日
1956年07月11日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和31年(1956)7月11日、梅雨が明け、8月15日まで降雨がなかった。一部の水不足の所では干害となった。(高松地方気象台「香川県気象月報」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、61頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ 香川県気象月報
NO.
香川1472

よく似た災害

昭和25年6月の大雨

昭和25年(1950)6月27日~28日、低気圧によ、り香川県下で大雨が降り、水田冠水78ha、鉄道線路の土砂崩壊、地盤沈下地区での海水侵入があった。... 続きを読む

昭和33年1月16日の強風

昭和33年(1958)1月16日~18日、季節風により、瀬戸内海で機帆船の事故が続発した。(高松地方気象台「香川県気象月報」による)/高松の最大風速は... 続きを読む

元禄14年の干ばつ

元禄14年(1701)5月から8月まで、讃岐、伊予、土佐は干ばつで飢饉となった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等に... 続きを読む

元文2年の干ばつ

元文2年(1737)夏、干ばつ、虫が発生。高松領内で、稲45,000石の損害となった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月~8月、大干ばつ。西讃の干害が特にひどかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む