明治27年・28年の干ばつ

災害年月日
1894年00月00日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)と明治28年(1895)、干ばつが激しく、大野原村は土地が高燥であるため、殊に被害が甚だしかった。このため、大貯水池築造の計画が持ち上がり、豊稔池の築造工事が大正15年3月に起工、昭和5年3月に竣工した。(「豊稔池碑」の碑文による)
地理院地図
Googleマップ
備考
大野原町の豊稔池堤防上に「豊稔池碑」が建立されている。
参考画像
参考文献
香川県農林部編「農林業の石碑 ~先人の偉業をしのぶ~」(香川県農林部、1981年)、342-343頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 大野原村 豊年池 豊年池碑
NO.
香川1504

よく似た災害

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)の夏は空梅雨で、7月に入っても一滴の雨もなく、池は涸渇し飲料水にも事欠く状況であった。このため、新池築造を待望する農民の活動は活... 続きを読む

大正9年の干ばつ

image

大正9年(1920)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は大... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、歴史的な大干ばつに見舞われた。豊稔池の築造による水源供給力の強化は、畑地から田への地目転換が113町7反に達して新たな水需要を... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏から9月11日まで、約140日間日照りが続いた。池底に亀裂ができて、水がなくなり、東十川村内では水けんかなどが生じた。このため... 続きを読む