寛永3年の干ばつ

災害年月日
1626年06月02日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
渇水  
概要
寛永3年(1626)閏4月7日、大風雨、4月から7月中旬まで雨が降らず、餓死者が続出した。(「弘化録」による)/干ばつの被害を防ぐためには農業用水の確保が不可欠であり、坂本郷大庄屋を中心にため池の築造が藩に要請され続け、寛永11年(1634)から6年の歳月をかけて一の谷池が築造された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、221-222頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 餓死者 弘化録 一の谷池
NO.
香川1517

よく似た災害

寛永元年の干ばつ

寛永元年(1624)、讃岐は干ばつとなる。これを機に、西嶋八兵衛が讃岐に派遣され、3年間ため池の築造など農村の立て直しに取り組んだ。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)4月から7月中旬にかけての3ヶ月余り、讃岐には一滴の雨も降らない大干ばつであった。田は白くひび割れが生じ、稲の収穫は皆無、餓死する... 続きを読む

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、讃岐国は大干ばつに襲われた。これを機に高松藩は新田開発とため池の築造改修に取り組んだが、平田池もその時に造られたため池の一つであ... 続きを読む

大正9年の干ばつ

image

大正9年(1920)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は大... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は... 続きを読む