寛永3年の干ばつ

災害年月日
1626年05月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
寛永3年(1626)4月から7月中旬にかけての3ヶ月余り、讃岐には一滴の雨も降らない大干ばつであった。田は白くひび割れが生じ、稲の収穫は皆無、餓死する者多数と、古い記録は伝えている。当時、高松藩主生駒高俊は伊勢から西嶋八兵衛を招き、藩内でため池築造を進めていたが、寛永3年の大干ばつの翌年の寛永4年に、龍満池が藩普請によってつくられたと通説では伝えられている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、950-951頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 餓死者 龍満池
NO.
香川1542

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、讃岐を大干ばつが襲った。この翌年、幕府の隠密が讃岐に入り、災害の跡を記録した「讃岐探索書」が残されているが、これによると「寛永三... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、讃岐は大干ばつに襲われた。「全讃史」には「寛永三年閏四月七日、大風雨あり。爾後、雨降らず。・・・・(略)亢陽(日照り)すること九... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)閏4月7日、大風雨、4月から7月中旬まで雨が降らず、餓死者が続出した。(「弘化録」による)/干ばつの被害を防ぐためには農業用水の確... 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月から6月まで、大干ばつ。(「香川用水史」による) 続きを読む

文亀元年の干ばつ

文亀元年(1501)、大干ばつで飢饉を招き、多数の人が餓死した。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む