正保2年の干ばつ

災害年月日
1645年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
正保2年(1645)、大干ばつ。「増補高松藩記」には「この年、封内大旱、陂池(ため池)四百零六を創築し、もと有る九百六十と併せ、総計壱千三百六十という」と記されている。/「この歳、三時(春夏秋)雨降らず。大いに麦禾(米麦)なし」(全讃史」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、291頁及び331頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 増補高松藩記 ため池 全讃史
NO.
香川1567

よく似た災害

正徳5年の火災

正徳5年(1715)12月3日、火災。南路志には「3日、御小人町大火三百五六十軒焼ける。火元南奉公人町二丁目。通町3、東川筋、水通2、東川端焼ける。8... 続きを読む

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず、未曾有の干ばつとなった。この干ばつを機に、藩主松平頼重は矢延平六らにため池を築かせた。矢延平六がつくった... 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)6月17日~8月4日、干害、雨いっこうに降らず大いに難渋。(「兵助日記」による) 続きを読む

文政元年の干ばつ

文政元年(1818)夏から秋、雨降らず、大いに租税減。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」等による) 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず。この干ばつを機に、406のため池をつくった。古来の池は966であった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む