文化14年の干ばつ

災害年月日
1817年00月00日
市町村
香川県三木町
災害種類
渇水  
概要
文化14年(1814)、日照りが厳しかった。このため、氷上村が屋古戸関から取り入れた用水を再び吉田川に放流する落ち口に、田中村が新しく井関を築造したため、氷上村の一の井関には水が流れなくなった。氷上村は田中村の理不尽なやり方に怒って、郡役所に訴え出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、364頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
水争い 吉田川 屋古戸関 田中村 氷上村
NO.
香川1571

よく似た災害

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、日照りが続いた。香東川の上流にある「芦脇井関」で水が堰き止められると、下流の「一の井関」には水が流れないが、この時にも芦脇井関... 続きを読む

明治10年の水争い

明治10年(1877)8月10日夜、田中村(三木町)の農民200~300人が新川支流の吉田川上流の屋古戸関に押し寄せて、鍬で井関を打ち壊した。この井関... 続きを読む

文化元年の干ばつ

文化元年(1804)は雨が少なく、太田村では平池から水が流れてこないので困った。6月29日夜中の12時頃に、太田村の農民は平池尻に押し寄せて、池守の制... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井関の水脈を... 続きを読む