文化14年の干ばつ

災害年月日
1817年06月00日
市町村
香川県善通寺市
災害種類
渇水  
概要
文化14年(1817)5月から7月にかけて、大干ばつとなった。二頭出水は通常は下流の三吉田村(上吉田村、下吉田村、稲木村)の水田を養っているが、大池が干上がると善通寺領の要請に要請により、輪番で取水する慣行となっていた。この時も寺領側が上吉田村に二頭出水からの取水を申し出たが、三吉田村側は回答を遅らせるなどして寺領の取水を抑えたため水争いとなった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、436-437頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 水争い 二頭出水 善通寺領 三吉田村
NO.
香川1580

よく似た災害

文化元年の干ばつ

文化元年(1804)は雨が少なく、太田村では平池から水が流れてこないので困った。6月29日夜中の12時頃に、太田村の農民は平池尻に押し寄せて、池守の制... 続きを読む

文化14年の干ばつ

文化14年(1814)、日照りが厳しかった。このため、氷上村が屋古戸関から取り入れた用水を再び吉田川に放流する落ち口に、田中村が新しく井関を築造したた... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつのため、松山藩預所の徳丸村・出作村、大洲領八倉村・宮ノ下村・上野村の5ヶ村は、重信川よりの取水をめぐって、上手の麻生村と... 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)、渇水のため、早明浦ダムの貯水率は低下し、香川用水は6月29日に30%の第1次取水制限、7月16日には75%の第3次取水制限、7月... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む