昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)6月30日~9月9日の72日間の雨量は36.4ミリで、水稲成育に決定的な障害を及ぼした。ため池水を放流して大半は植え付けを完了しが、7月下旬には田面が枯渇し、亀裂を生じて、枯死する水稲が続出した。8月に入ると、県下のため池は三豊郡の一部を除いて残水皆無となり、水稲の被害が激増した。被害農家戸数は68,332戸で、このうち収穫皆無は21,236戸、7割以上減収は18,936戸に及んだ。この干ばつを機に、寒川町の門入池、三木町の小川下池が築造され、満濃池の嵩上げが行われた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県農業史編集委員会編「香川県農業史」(香川県農業改良普及会、1977年)、155-159頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水稲被害 門入池築造 小川下池築造 満濃池嵩上げ
NO.
香川1623

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、干ばつ。7月23日に県知事は雨乞い祈願を滝宮天満宮で執り行った。(「県政史年表」による)8月3日に県が市町村に、雨乞い祈願の執... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日から29日かけて暴風があり、水稲の被害1割以上80町歩、1割以下332町歩に達した。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、前年11月より降雨が少なく、この年5月、6月に少雨、7月、8月に各1回少雨があっただけで、明治27年以来の大干ばつとなった。長... 続きを読む