昭和46年の台風23号

災害年月日
1971年08月30日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和46年(1971)8月30日夕刻、台風23号が高知県に上陸し、徳島県から淡路島を経て、東海地方に向かった。台風が本県に最も近づいた19時から20時にかけて、小豆島内海ダムでは時間降雨量360ミリを観測した。20時30分頃、内海町片城川で大きな土石流が発生し、死者1人、負傷者7人を出した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
香川県編「香川県史 第7巻 通史編 現代」(香川県、1989年)、472-473頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 内海ダム 片城川 土石流 死者
NO.
香川1778

よく似た災害

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月3日夜から4日朝にかけて、台風が四国沿岸を通り紀州田辺に上陸し、1日~3日の雨量は和食430ミリ、朴野347ミリ、神野345ミ... 続きを読む

大正9年8月の台風

大正9年(1920)8月3日夜から4日朝にかけて、台風が四国沿岸を通り紀州田辺に上陸し、1日~3日の雨量は和食430ミリ、朴野347ミリ、神野345ミ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号の影響で四国地方は記録的な大雨を観測した。11日には内海町で日雨量790ミリ、20時~21... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号のため、香川県では記録的な大雨を観測した。8日~13日の合計雨量は池田町四方指で1,400... 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日、台風8号は沖縄の南海上から九州を迂回し、朝鮮海峡から日本海に進んだ。本県では小豆島東部で400ミリ以上の大雨が降り、特... 続きを読む