明治23年の地すべり

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを生じ、濁流となって田畑を一面の泥海と化した。谷や川は増水し、大波のような濁流は人家をのみ、家畜や大木を押し流した。人々は家の下敷きになり、山崩れで生き埋めとなり、10人近くの死者が出た。古生寺では、地すべりが発生し、人家から100m上方の裏山が崩れた。古生寺の人々は翌年、土地を捨て、ほとんどが折合の鈴笹原を開拓、移転した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史」(仁淀村、1969年)、400-402頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 地すべり 死者 古生寺
NO.
高知483

よく似た災害

明治23年の地すべり

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む

昭和20年10月の地すべり

昭和20年(1945)10月1日から降り続いた雨が、8日に大豪雨となり、大地すべりを引き起こした。 続きを読む

明治19年の地すべり

image

明治19年(1886)9月10日、台風により、長者川が大洪水となり流路変更し、地すべりの末端部を直接侵食するようになったため、地響きとともに地すべりが... 続きを読む

明治23年の豪雨

image

明治23年(1890)9月11日、三度の台風来襲でもたらされた合計3,500ミリの豪雨によって、長者川は未曾有の大洪水となり、脚部が侵食され、耕地に亀... 続きを読む