平成11年の地すべり

災害年月日
1999年07月26日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
土砂災害  
概要
平成11年(1999)7月26日から8月8日の14日間で、2,192ミリの集中的な豪雨があったため、高瀬地区の大渡ダム右岸上部で大規模な地すべりが発生した。約72haに及ぶもので、農道や擁壁に亀裂が生じ変移が継続した。国土交通省は地すべり防止地域に指定するとともに、国の直轄事業として防止対策工事を開始した。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 地すべり 大渡ダム
NO.
高知491

よく似た災害

平成16年の地すべり

平成16年(2004)6月22日から9月30日にかけて、地すべりが発生し、国土交通省所管の公共土木施設(県管理施設)1箇所、1億3,000万円の被害が... 続きを読む

平成4年の善徳の地すべり

image

平成4年(1992)8月8日、台風10号による日雨量171ミリの集中豪雨と4日間の205ミリの連続降雨のため、Z-1下部ブロックで県道等に地すべり被害... 続きを読む

平成11年の谷ノ内地すべり

平成11年(1999)、越知町の谷ノ内地すべりでは、150ミリ/年の変位量が観測された。また、同年には民家床下に亀裂が発生し、住民が一時避難するなどの... 続きを読む

昭和47年の地すべり

image

昭和47年(1972)7月、集中豪雨を契機として、岩原川上流、赤根川流域で大規模な地すべりが発生した。このため、県と大豊町に要請により、昭和41年指定... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により青石潜水橋再度流失84m。長野・日谷尾地区で地すべり、1日10cm以上。長野地区の下地域が特に動く。日... 続きを読む