明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
高知県高知市(春野町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)、水不足のため、八田と下流9ヶ村が水争いとなり、17人の受刑者を出すに至った。
地理院地図
Googleマップ
参考画像

参考文献
森秀樹「八田堰の碑」(土佐史談会「土佐史談第188号」、1992年)、187-190頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
干ばつ 八田 水争い
NO.
高知654

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日降雨あり、以後、6月7日に小雨があったものの、雨らしい雨は9月10日までなく、135日の干ばつとなった。池底は乾き、井... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、大干ばつ。高屋村が三ヶ庄用水路の分け股をせいて林田村の本村5町歩への流れを遮断したため、林田村と水争いとなった。この争いはその... 続きを読む

天保7年・8年の大雨

天保7年(1836)及び8年(1837)の夏から秋にかけて大雨が続き、全国を通じて四分二厘と称する稀有の大凶作となった。米麦その他の食料品は欠乏し、貧... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、植田地区350石、久次地区80石、須江上改田20余石の田は枯死寸前となった。植田・久次の農民はツイノイ堰(須江本... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、日照りが続き、大変な水不足に襲われた。この時、新改川の上下流で水争いが起こった。下流の植田・久次(ひさつぎ)の人々が新改川のコロ... 続きを読む