昭和31年の干ばつ

災害年月日
1956年11月11日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで、高知では64日間無降水となり、水不足のため、麦、野菜等の農作物に被害が出た。また、県下ではインフレエンザが流行し、380校が休校した。その後、2月8日から4月9日まで比較的降雨が少なく、3月は平年の2分の1から4分の1程度で、各地で水不足となった。高知の3月雨量38ミリは平年の21%に過ぎず、測候所開設以来の新記録となった。神武以来の水不足と言われた。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1075頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水不足 高知県災害異誌
NO.
高知705

よく似た災害

昭和31年~32年の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から翌32年1月13日まで、高知では64日間無降水で、電力事情は悪化し、井戸水は涸れ、水道水は不足して麦、野菜等農作... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)11月から翌3月まで64日間雨がなく、電力事情は悪化し、井水は涸れ、農作物の被害も多かった。神武以来の水不足と言われた。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、香川県地方の降水量は前年11月から平年より少なく、しだいに灌漑水が不足し、稲の植え付け不能地区は1,000ha余となり、植え付... 続きを読む

昭和31年11月の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで64日間無降水で、電力事情は悪化し、水不足となり、麦、野菜等農作物に被害が発生した。 続きを読む

昭和42年6月の干ばつ

昭和42年(1967)6月、梅雨入りは平年より1週間程遅れ、大きな雨もなく、徳島の降水量は47.5ミリ(平年の23%)で、気象台開設以来少雨第一位の記... 続きを読む