慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、南海道沖大震、地震い大津波あり。死者5,000人に上り、崎の浜、甲浦、阿波宍喰で溺死者続出。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では月日を西暦(グレゴリオ暦)で表記しているが、和暦で表記した。
参考文献
高知新聞社編「'98高知大水害の記録 豪雨パニック」(高知新聞社、1998年)、頁なし
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
慶長地震 津波 死者 佐喜浜 甲浦
NO.
高知723

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こり、佐喜浜村で50人、西寺、東寺(津呂、室津方面)で400人、甲浦で350余人、阿波宍喰で3,806... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸島地大いに震い、大津波を伴い、土佐及び阿波宍喰で溺死するもの夥し。(「大日本地震史料」による)伊... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸道地大いに震い、大津波を伴い、土佐及び阿波宍喰にて、溺死するもの多し。(「大日本地震史料」による... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震・津波により、徳島県宍喰では犠牲者が1,500余人(3,800余人)という記録が残されている。宍喰の北部に隣接す... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震・津波により、徳島県宍喰では犠牲者が1,500余人(3,800余人)という記録が残されている。宍喰の北... 続きを読む