宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県東洋町
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、東海南海道沖大地震により、五畿七道に大被害。津波により甲浦港の漁船が舟越に打ち上がり、港の御殿橋が流失した。白浜はほとんど流失、河内は3分の1程度が流失、生見や野根は被害がなかった。宍喰はほとんど流失し、死者11人、海部灘沿岸も大被害で浅川浦は死者140人に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
原田英祐編「東洋町歴史年表 改訂版」(原田英祐、2008年)、39頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 甲浦港 御殿橋 白浜
NO.
高知752

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震、津波。津波は九州南東岸より伊豆までの間に大被害を与えた。宍喰浦では地震で家屋や倉庫が大被害を受け、さらに大津波... 続きを読む

万治2年の洪水

万治2年(1659)9月20日、大風雨、洪水により、掻き寄せ堤のあった岩崎堤防が決壊して、中村町の人家はほとんど流失したという。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後2時、大地震が起こった。山は落ちて丘となり、川は埋まり、家が倒れ、下敷きになって死傷した人畜は数知れなかった。地震の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海地震が発生し、ついで津波が押し寄せた。安芸郡では死者30人、行方不明5人、負傷906人、倒壊家屋... 続きを読む