大正6年~7年の干ばつ

災害年月日
1917年11月00日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
渇水  
概要
大正6年(1917)11月、干ばつにより、物部川の水が著しく減少し、その後も翌年1月にかけて少雨が続いたため、三島村では井戸水が涸渇し、全戸が飲み水にも困る状態になった。このため、山田堰土工組合では、山田堰の砂吐きを切り落とし分水して、村民の困窮を救った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山田堰記録保存調査委員会編「山田堰」(土佐山田町、1984年)、261-262頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 三島村 井戸水 山田堰土工組合
NO.
高知755

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続き、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は前年と同様に3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であっ... 続きを読む

大正4年の洪水

image

大正4年(1915)6月19日から25日まで雨が降り止まず、24日には物部川中上流で降水量が100ミリを越えたため、洪水が山田堰西部の主要棒を一掃し、... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)7月、8月は干天続きで、異常渇水に見舞われた。この時、野市町は山田堰に設置された筵をめぐって山田堰組合と紛争となった。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む