昭和47年の繁藤豪雨

災害年月日
1972年07月05日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和47年(1972)7月5日早朝、集中豪雨により、土佐山田町繁藤の通称追廻山(おいまわしやま)で山崩れが発生した。家屋の土砂排除などの作業中に、6時45分に2回目の山崩れが発生し、一人の消防団員が生き埋めになった。6時48分には第3回目の山崩れ、10時54分には第4回目の山崩れ、そして10時55分に第5回目の山崩れが発生し、10万立米の土砂が一瞬のうちに駅前付近の集落や停車中の列車を押し流し、60人が行方不明となった。崩壊した土砂のため、国道32号と国鉄土讃線は埋没し不通となった。
地理院地図
Googleマップ
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町報道委員会編「昭和47年7月豪雨・繁藤 山くずれ災害記録」(土佐山田町、1973年)、1-17頁及び85-103頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
繁藤災害 山崩れ 行方不明 国道32号 土讃線
NO.
高知886

よく似た災害

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日午前6時頃、集中豪雨により、繁藤追廻山で土砂崩れが起こり、6時45分頃2回目の山崩れにより土砂除去作業中の消防団員1人が... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日午前6時、繁藤駅前の裏山が崩れ、6時45分の第二回目の山崩れにより消防団員が生き埋めとなった。6時48分第三回目の山崩れ... 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨末期の豪雨のため、土佐山田町繁藤で大規模な山崩れが起こり、県内の死者は61人に及んだ。須崎市では、国道56号... 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日夕刻から、高知県は局地的な豪雨に見舞われた。土佐山田町繁藤では山崩れにより死者58人、行方不明2人の災害が起きた。須崎地... 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日早朝、豪雨のため土佐山田町繁藤の通称「追廻山」で山崩れが起き、家屋が埋没した。この崩壊土砂の排除中に小規模な崩壊が再度発... 続きを読む