昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月16日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)9月16日9時半、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。須崎市では、16日午前6時半頃、西町の住家2戸、非住家1戸が大波のため、堤防を越した波しぶきにたたかれて倒れた。7時には西町の13世帯に避難命令が出た。8時頃には東津野村布施ヶ坂の県道(現在国道197号)須崎~梼原線で山崩れのため30mにわたって土砂に埋まった。14日~15日の雨量は須崎付近で200~300ミリ、東津野で532ミリ、梼原で431ミリに達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、83-84頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
第二室戸台風 大波 国道197号 山崩れ
NO.
高知911

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)により、室戸岬の最大瞬間風速84.5m/秒。9月14日~15日の梼原の降雨量は431ミリ。... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日、台風18号(第二室戸台風)により、雨量は東予の山岳部で400~750ミリ、中予の山岳部で150~500ミリ、... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により風速20m以上の暴風雨となったが、大型台風の割には被害は少なかった。須崎付近の雨量は200~300... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日~16日の台風18号(第二室戸台風)により、被害は港湾の護岸・突堤3箇所、漁港の護岸4箇所、防波堤2箇所1,070万円... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日9時半、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。豪雨は主に仁淀川と渡川上流域に集中し、15日の雨量は500... 続きを読む